久しぶりの大相撲観戦 Dr.山口との珍道中②

 3時前に着くと、国際センターの前に出店がたくさん並んでいる所で、たくさんの人が、飲み食いしている。
おおー、相撲取りも混じって食っている。

3時に麻生君がやって来て、中に入る。
おおー、チケットのもぎりは、栃東(現役時代)だ(業師で好きだったな(感動))。
親方衆がたくさんいる。
知った顔だらけだ(現役時代の名前しか知らない。当たり前か)。
相撲取りが横を通っていく。
何か、別世界。

ちょうど、十両の優勝決定戦が始まる頃だった。

升席に座る(4人席に3人で座る。これは、4人はきついかな)。
詳しい麻生君のいろんな説明は、へー、の連続だった。
行司も2取り組みで交代するんだ。
やはり、詳しい人と行くもんだ。
相撲がより楽しく観れた。

昔は、父親が好きで、相撲シーズンはテレビはいつも相撲。
大学時代、若貴ブームが始まる前頃はよく両国国技館へ行った。
最初に行った時の感動は忘れられない。
スポットライトが当たる土俵、美しすぎた。
巨体の2人がぶつかり合う。
神技、そのものだった。
その頃、お金もなかった学生時代。
一番後ろ付近はチケットも安いし、空いていた(ぱっと行って、すっと座れた。しかし、若貴ブームが始まった頃から取れなくなった)。

Dr.山口は相撲初観戦。
非常に興味深く観ていた。
さすが、スポーツ整形外科医。
見るポイントが面白い。
まあ、膝とか腰に来るのはしょうがないな、とマルロ。

麻生君が言う「攻めた方が負ける」
そう、引き技で負ける取り組みが多い。
淡白な取り組みが、確かに多いかな・・・。
一昔前は小兵力士、筋肉モリモリの力士がたくさんいて、最後まで目が離せなかったよな。

しかし、やはり生はいい。
3人とも興奮していたな。
盛り上がったな。

来年は、月曜(ボクは第2,4月曜が休み、マルロは月曜休み)に行こう。
砂被りが取れないかな・・・。
是非、目の前で観てみたいよな。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

今、一番好きな力士 翔猿。

4.jpg

 終わって、麻生君は長崎へ電車で帰る。
我々は、歩いて中洲へ。
バー【ジーブラ】のマスターが特別に店を開けてくれた(普通は日曜は休み)(嬉)。
前回行った1週間前よりマスター、元気になっていた。
マルロが処方した薬が効いたのかな。
ボクも毎日パワーを送っているしな。
もう、普通に店を開けているとの事。
声も大分出るようになっている。
良かった・・・。

この日も、とても美味しいハードなお酒をいただきました。
至福の時、とはこんな時間なのだろう・・・。

5.jpg

6.jpg

10数キロ痩せたマスター。この日は普段着。


 今日の締めは、冷泉ホテルのすぐ側にあるラーメン屋。
いつもお客が満席の24時間営業の店。
なんと、ラーメン一杯290円。
怖くて、入らなかったのだが、試しに入ってみる。
普通に美味しかった。
この味なら普通のラーメン屋と一緒。
しかし、安い。

7.jpg

 次の日は、二人とも午後から用事があったので、早々と福岡を後にする。
いつものごとくハードな2日間だった。


この記事へのコメント