2025年7月5日

 この日付を見て、あれだな、と思う人は多い、と思う。
今、話題の日だ。
ネットをやたらとにぎわせている。

何で、ここにたどり着いたのか。
少し前に、神の声を聞く仲間のセッションを受けている時に、ふと浮かんだ質問「これから東京はどうなる?」
すると、仲間の頭に映像が浮かぶ。
「先生、凄い。関東は壊滅する。富士山が噴火、その後、首都直下型地震が起きる。2025年の中旬」
しかし、これが本当に起きるとは、あまり思っていない。
何故なら、見た映像はパラレルワールド(同時進行している別の世界がある。精神世界の鉄人トーマさんが「自分の知り合いにパラレルワールドに行ける人がいる、と言っていた。この手の、映画など多い)なのかもしれない。
以前よくこのブログに登場した謎のE氏も、同じような事(2025年に首都圏直下型地震)を言っていた(最後はこう言っていた「2025年まで生きていればラッキー」)。
それと、このような時、それを阻止するために動く集団がいる。
当然、天皇家(霊能者集団)、その他、人知れず世のため人のために動いている集団(いや、個人でも)はたくさんある。
我がメンター スピリット波動協会の棟方興起先生も当然動く。

この話を聞いた後、ネットを見ると、この手の話がたくさん(驚)。
その中で目についたのが、この本【私が見た未来】(たつき諒)。
1999年に書かれたこの本、この作家は夢日記(夢で見た事を日記として書く)を書いていて、これが起きる。
ボクの知り合いにも夢日記を書く人がいて、これが現実になるが、この本の様な大きな予知ではない。
早速、アマゾンで注文してみる(今、ベストセラーです)。
2011年3月の東日本大震災の予知をして、有名になっている。
ほー、と言う内容だ。
この本に2025.7.5.に起きる大災害の予知をしている。

ネットを見ていると、起きないという動画も多い。
確かに、ノストラダムスの大予言、マヤ暦の終わりなど、いろんな予言はあったが、ほとんど起きていない。
しかし、その頃にエネルギーの流れは変わっているのは確かだ。

このブログを書いている最中にゆうじからお勧め動画が送ってきた。
見ると、今回のブログにピッタリの内容(シンクロしてるな)。





首都機能の移転、天皇家の移転など噂で聞く。
東京から離れていく人が多い、と言う話も聞く(動物は災害が起きる事を予知し、そこから離れる)。

どうなっていくのだろう・・・。
「2025年までに生きていればラッキー」これは、強くそう思う。
ワクチンでかなり消えるのは間違いない。

しかし、我々にできる事はこれだけ ①いい思い出を作る②美味しい物を食べる③美しい日本語を使う。

「今を生きる」ことだ。
不安がらない事だ。
じゃあ、こんな内容のブログを書くな、と言われそうだな(笑)。







この記事へのコメント